DELL Vostro 3582 を強化しよう:メモリを換装してみよう – キングストン ノートパソコン用 メモリ DDR4 2666 8GB CL19 1.2V Non-ECC SODIMM 260pin KVR26S19S8/8 永久保証

2020年12月11日

キングストン ノートパソコン用 メモリ DDR4 2666 8GB CL19 1.2V Non-ECC SODIMM 260pin KVR26S19S8/8 永久保証
DDR4 2666MHz 8GB

目次

Vostro 3582のメインメモリを4GBから8GBに換装

先日購入した、DELL Vostro 3582 のメモリを換装することにしました。Vostro 3582 は翌日配送の即納モデルのため、全くカスタマイズしておらずメモリ容量は4GBとなっていました。

当初の用途では4GBでも問題なく動くだろうと思っていましたが、4,000円弱で2倍の8GBに出来るようなので換装してみることにしました。ついでにHDDからSSDに換装というさらなるスペックアップの道もありますが、それなら最初から上位モデルを買えば良い話になるので今の用途で使っている限りは今回のメモリ換装以外は手を加えないつもりです。

今回キングストン社のメモリを選んだ理由ですが、ネットで調べたところ結構相性問題があるらしいので、動作が確認できたブランドということでこちらの製品を選びました。永久保証とかは手続きが面倒なので個人的にはまず使わないと思いますが、品質・サポート面での訴求力の1つになると思います。

純正の4GB
取り付けられていたのはSKハイニックスの4GB

Vostro 3582 のメモリの取り外し

Vostro 3582 はノートPCなので、デスクトップ機と違って内部パーツへのアクセスがちょっと面倒です。

少なくない数のネジを外し、やっとメモリモジュールにアクセスできました。このモデルではSKハイニックス社の4GBが取り付けられていました。4GBということでメモリICは反対側にしかついていないようですね。

Dell Vostro 3582のメモリスロット
Vostro 3582 のメモリスロットは1つだけ

Vostro 3582 のメモリスロット

DDR4のSODIMMという記載があります。Vostro 3582 のメモリスロットは1つのみなので標準で取り付けられていた4GBを外し、今回購入した8GBのメモリモジュールに換装します。

外した4GBが勿体ない感じになります。メモリの換装後はいつも何かに使うだろうと保管していますが、結局使わないメモリモジュールがMac/PC両方でいくつもあったりします。結局BTOであらかじめカスタマイズしておくのが1番ムダが無いとは思いますが、パーツはそれぞれネットで買った方がずっと安いので自分で使うマシンだと悩ましいところです。

8GBのメモリを換装
4GBから8GBのメモリに換装

Vostro 3582 のメインメモリが8GBになった瞬間

実際は通電してからになりますが……

こちら側にもメモリICが配置されました。このキングストン社のメモリモジュールは16GBもラインナップされていますが、そこまでは不要なので8GBにしています。

メモリ換装後は分解した本体を元に戻していきますが、面倒臭いのでもう1回やれと言われてもヤダと言います。

タスクマネージャのメモリ
Vostro 3582 のメインメモリが8GBになりました

メモリに余裕ができました

無事にメモリモジュールを認識し、8GBの余裕のある環境になりました。予想通りCPUとHDDが非力なのでこれ以上のメモリを積んでも意味がなさそうです。

2666MHzなのに2400MHzで動いているようですが、調べてみたところ Vostro 3582はこれで良いみたいです。

今のままだと特に恩恵はなさそうですが、同時起動するアプリケーションが増えた時に効いてくることでしょう。

スポンサーリンク