Inspiron 530 と Vostro 200 の HDD を交換しよう

2020年7月24日

空き容量

目次

空き領域が不足してきたので 

Inspiron 530 は私の父が実家で使っているマシンですが、C ドライブの空き容量が足りない為にエラーが出るということなので、HDD を交換することにしました。

一応内蔵で 2 台積んではいるのですが、あわせても 320GB しかないのでそろそろ限界ですね。

バルク品

ヨドバシでバルク品を 

ドスパラでも良かったのですが、ポイントがあったので今回はヨドバシで購入しています。価格もこなれているのでヨドバシのバルク HDD には結構お世話になっています。

最初は Seagate 社の 2TB のものを 2 台購入したかったのですが、在庫がなかったので 1.5TB を 1 台と HGST 社の 2TB のものを購入しています。

inspiron530

まずは Inspiron の HDD を換装 

さっそく実家へ寄って作業開始です。本来なら C ドライブをまるごとコピーしてから、Paragon などでパーティションを拡張したかったのですが、時間がなかったので増設側の HDD を交換し、ユーザー用のフォルダをこちらへ移動させることにします。

タイ製

Seagate 社の ST31500341AS 

7200rpm でキャッシュが 32MB の HDD です。私の父は旅行などの動画編集が好きで、よく DVD に焼いていたりするので、今までの HDD 容量だとちょっと可哀想でしたね。

この HDD は中国製ではなく、タイ製です。

inspiron530に取り付け

Inspiron 530 内蔵 HDD 交換 

データ用のドライブを交換です。シャシーには HDD1 と記されている方で、HDD の底側をボルト留めになります。

HDD は 2 台とも Dell のカスタマイズモデルを購入した時のままですが、サムスン社製のものが取り付けられていました。

認識

認識しました 

難しい作業ではないのでまぁ当たり前ですが……

この後フォーマットして使用可能状態にしておきます。

ベンチ

とりあえずベンチ 

この結果が良いのか悪いのか分かりませんが、とりあえずこんな感じです。

この後ユーザー用のフォルダを新しい HDD に設定して完了です。空き容量が 30GB 以下だった C ドライブは、残り 80GB ほどに回復です。

Vostro 用

日立 GST の Deskstar 

こちらは私が使っている Vostro 200 へ取り付けます。Deskstar は IBM の時は何度か使ったことがありますが、HGST になってからは初めてです。私の場合は Seagate 社の HDD を多く買っていますね。

こちらも Inspiron 同様に、データ用のドライブとして使用します。

ファームアップデート

ついでにファームアップデートを 

C ドライブは Seagate 社の ST3500320AS を使っていますが、ファームのアップデートが確か推奨されていた気がしますので、今更ですけれどアップデートすることにしました。

OS とアプリケーションのみのドライブなので、特にバックアップはしていませんが問題なく作業は終了しました。

とりあえずコピー

コピーは USB 経由で 

データ用の HDD はこちらのケースに入れています。今回はこの中のドライブを交換しますることに。とりあえずデータのコピーを行うことにします。

Vostro のデータ用ドライブはマザーボードの SATA を外に出して増設しています。これ以上 SATA のインターフェースが無いので USB で接続することにしました。

1TB ほどのデータをコピーするので、寝ている間にコピーを行っています。

ベンチ

こちらもベンチ 

Inspiron に取り付けた HDD より性能が低いですね……このドライブは単純にデータ置き場にしているので別に問題はありませんが、結構差があるものですね。

取り外した HDD は 1.5TB のものなので、新しいケースとPS3 の torne を購入して繋げたりしてもいいかと思っています。

スポンサーリンク