犬吠埼温泉 ぎょうけい館に行ってみよう – 2/3 – 食事処 潮騒で昼食を

2019年3月25日

食事処 潮騒

目次

ぎょうけい館の和食レストラン 

目の前のきれいな海を堪能した後は和食レストランで昼食をとることに。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/02-165800.php"]

食事処 潮騒は、銚子港で水揚げされた新鮮な魚介類をいただける和食のレストランです。宿泊しなくても利用が可能です。

暁鶏館入口

ぎょうけい館入口

ぎょうけい館は漢字だと「暁鶏館」と書き、「暁鶏って何?」と思ってググってみたところ、「夜明けを告げる鶏の声」だそうです。ぎょうけい館は創業明治7年の老舗旅館で、”高村光太郎と長沼智恵子が偶然の再会を果たした場所”で有名らしいです。全く知りませんでしたすみません。また、他にもいろいろすごい人が宿泊していたそうです。

館内を360度で

外に出ると磯につながり、館内は3ヶ所くらいつながっています。奥にある”壮観”という書は初代内閣総理である伊藤博文直筆だそうです。

ぎょうけい館フロアマップ

ぎょうけい館フロアマップ

ぎょうけいかんは3階建ての本館・別館にロビーと大浴場が繋がる縦に長い構造です。潮騒は本館1階の中ほどに位置します。

潮騒入口

潮騒外観

ロビー方向に向けて撮影したものです。調理などは通路を挟んだ向かいで行い、廊下を通って配膳されてきます。

おしながき

おしながき

新鮮な魚介類を使った和食のメニューです。

蕎麦はありますがうどんはなく、お子様メニューもないので息子に何を食べさせるか少し迷いました。御前などはそれなりに高価ですが、リーズナブルな料理も右側にあります。甘味も4種類と豊富でした。

一品料理のなかに伊勢エビお造りという料理があり、時価となっています。

店内

畳敷きの上にテーブルと椅子

44席あり、写真奥は予約席となっていました。畳敷きですが子どもを転がして遊ばせるようなお店ではないです。

天井

設備はしっかりしています

古い旅館なのですが、エアコンなども新しめでしっかりとした設備となっていました。

無料Wi-Fi

無料Wi-Fiあります

ぎょうけい館は無料Wi-Fiの提供があり、速度も十分に出ています。ネット入稿する現代の文豪でも安心ですね。

フロントにSSIDとパスが案内されていますが、見落としやすいのでこちらに載せておきます。ちなみにWiMAXは圏外です。

室内の様子

全体的に落ち着いた雰囲気で海側の窓が広くて景色が楽しめます。

オーシャンビュー

オーシャンビュー

窓際の席からはこのように海が目の前です。芝生のお手入れも行き届いておりとても良い景色が楽しめますね。今日のような天気は最高です。

ヤマサ醤油

ヤマサ醤油

工場見学したヤマサ醤油が置いてありました。銚子は醤油工場が多いので、こういうシェア争いも激戦なのかと予想します。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/05-163648.php"]

注文したものをいくつか

新鮮な魚介類の海鮮丼と大きな天ぷらの天丼、一品料理の天ぷらです。丼にはつみれ汁とお漬物などが付きます。

息子達は天ぷらがとても気に行ったようで、私の分は無くなってしまいました。魚介も美味しいですが、ナスの天ぷらも美味しかったようです。

各種カード・ポイントカードが使えます

お支払いはカードが使えます

各種クレジットカードが使える他、楽天のポイントも貯められます。また電子マネーでは犬吠WAONが使えるとか書いてありました。

温泉へ向かう廊下

食後は温泉

こちらは次回書きますが、長い廊下の突き当たりに温泉があります。日帰り温泉も楽しめるので1階の客室に泊まると結構人通りが多く感じるかも知れません。といっても誰とも会いませんでしたけど。

満席注意

満席注意

営業時間は11時30分〜14時で、ラストオーダーが13時30分です。

営業時間が短いので気がつくとこのように満席表示で終了してしまいますので、こちらで食事をされる場合は午前中に予定を組んだ方が良いと思います。

食事の後は温泉に入ることに

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/08-232554.php"]

スポンサーリンク