犬吠埼温泉 ぎょうけい館に行ってみよう – 1/3 – 磯で遊ぼう

2018年11月8日

犬吠埼温泉ぎょうけい館

目次

銚子にあるぎょうけい館に行ってきました 

犬吠埼温泉 ぎょうけい館に行って食事と日帰り温泉を楽しんできました。

長くなるので3回に分けます。今回は旅館に入る前に海で遊んできたお話です。

目の前が海

銚子の海が目の前です

目の前に広大な太平洋が広がります。

駐車場に車を停めてこの景色を見た瞬間、子供たちは大喜びで海に行きたいと言い出したので旅館に入る前にまず海の方へ行ってみることにしました。

犬吠埼灯台も近いです

今日は天気がとても良いので、青い空に白い灯台がよく映えます。

灯台の下にも遊歩道があるので向こうまで繋がっている気もしますが、そこまでは確認していませんので車で上から行くのが無難だと思います。

灯台の下の360度

以前撮影したものです。灯台の下も同じ様な感じですが、似たような天候でも向こうの方が波が高い気がしました。

海まで降りられます

上から見るだけではなく、磯まで降りていくことができます。今日は風もなく波も穏やかなので降りていくことにしました。

こっちは急なので

ここから降りることもできますが、結構急なのでこの写真の右側にある坂道と階段を利用するのが良いでしょう。

THE 岩場

千葉といえば九十九里の砂浜をイメージすることが多いと思いますが、この辺りはこのように足場の悪い岩場です。

もちろん銚子にも砂浜の海水浴場はありますが、消波ブロックのかわりに天然の岩がゴロゴロしているという風景です。

灯台の方に行くと東映映画のオープニングで有名な「荒磯に波」の岩場があります。

きれいな海と穏やかな波

この辺りは水がとてもきれいで、砂がないためか大洗や九十九里とは別物のクリアさです。

上手い具合に囲われたスペースがあれば膝下くらいまで入ってみたい衝動に駆られます。

360度撮影してみました

緩めのクロックスだったので足場の確保が少し大変でしたが、数カ所360度を撮って繋いでいます。

磯遊びもできます

写真右がさっきの急な階段で、左がおすすめルートです。

降りたらすぐ岩ではなく砂利の場所もあるので、ここから入り江に近寄って安全に磯遊びすることもできます。

いろいろな生き物がいますが

写真を撮ると全く分からずウォーリーを探すより難しいという。

カメノテなど、普段見ない生き物を子どもに見せることができて良かったです。どうやらウニもいるらしいですよ。

磯を堪能して旅館に向かいます

これから食事と日帰り温泉というスケジュールになっています。

天気の良い日はとても快適で、人も少ないのでオススメのスポットです。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/05-175215.php"]

スポンサーリンク