発熱毛布とマイクロファイバー敷きパッド

2015年1月7日

梱包

目次

急に寒くなってきましたので

息子と妻用に毛布と敷きパッドを新調しました。私は暑がりで良い布団を掛けてもはいでしまうので、今回は購入見送りです。

楽天のお店でずいぶん安い商品を見つけたらしく、7 割引きくらいで購入したそうです。

吸湿発熱

吸湿発熱ホットテックスニューマイヤー毛布

素材はアクリル 90% 、レーヨン(発熱繊維) 10% となっています。

発熱繊維である新素材のホットテックスは、繊維が発汗などによる水分を吸着する際に熱を発します。(※ウールなどの天然素材にも似たような発熱の特長があるそうです。)

そういえば妻の冷え性対策に使っている靴下もそんな機能がついていましたね。

このため一般的なアクリル毛布より、寒い時期に布団に入った瞬間のヒヤッとする感じが抑えられるわけです。また発熱により湿気をコントロールするので蒸れる心配もありません。

息子は妻と一緒に寝ていますが、寝返り王子なので毛布が届かないということらしいのでダブルサイズ( 180cm × 210cm )の毛布にしています。

敷きパッド

マイクロファイバーラビットファー調敷きパッド

敷きパッドの方は、敷き布団の関係でシングルサイズ( 100cm × 205cm )にしました。

素材は表地がポリエステル 100% のマイクロファイバーで、裏地はポリエステル 80% ・綿 20% となっており、中綿はポリエステル 100% です。固定用に裏にゴムが 4 ヶ所ついています。

敷きパッドには発熱機構はないのですが、毛髪の 1/100 の細さといわれるマイクロファイバーの極細毛ひとつひとつの間に空気を取り込むので、暖かい空気が逃げません。

このマイクロファイバーシリーズは毛布もラインナップされていて、長毛仕上げのラビット調の他にモコモコしたシープ調のシリーズもあります。毛布は両面がマイクロファイバーになっています。

毛布拡大

薄いのに暖かい

毛布を拡大してみました。手触りは若干固めで、短毛種の犬…そう、ラブラドールみたいな感じですね。ふわっとした感じではなく、しっかりと存在を主張する毛布です。

試しに使ってみたのですが、軽いのに確かに暖かい毛布でした。

私は学生時代は一説によると天竺より遠いといわれる八王子にいたのですが、あそこは北海道育ちの友人も泣きが入るほどの極寒地で、手持ちの布団では寒すぎるました。

そこで鞄とか服とかを上にたくさん載せて、寒さを重さで凌いでいたのですがこの毛布があれば快適に過ごせたかもしれません。

お手入れは手洗いの表記がありますが、洗濯機で丸洗いが可能とのことです。

敷きパッド拡大

マイクロファイバーの手触りが心地よい

さわり心地が大変によいので、無心になっていつまでも触ってしまいます。

蒸れが気になるところですが、綿素材に比べて吸水率が 3 倍、速乾性は 7 倍もあるので、いつでもサラサラのさわり心地が楽しめます。

こちらもお手入れは洗濯機で丸洗いが可能です。

私はこの毛布が欲しいなと思っています。

スポンサーリンク