*
   

トミカ パトカーボート

トミカ パトカーボート

トミカブランドのボート 

息子は室内プールが大好きです。

といってもまだ泳げないので浮き輪やボートに乗るくらいですが、毎回楽しくポチャポチャやっています。

乗り物の変遷

乗り物の変遷 

特にスイミングセンターなどに通っているわけでもなく、どちらも舞浜のシェラトンの室内プールです。2009 年の 7 月にディズニーランドに行った時が室内プールデビューとなりました。屋外のプールはスパ三日月竜宮城でデビューしています。

浮き輪からスタートし、新幹線のボートにステップアップしてきましたが、ハンドルが欲しいということなので、今回のボートを購入したのです。

新幹線のボートにはハンドルがついていないので、当時は手に持ったスプーンをハンドル代わりにして回して遊んでいました。

ハンドル付き

待望のハンドル付き 

このボートは去年の夏に購入したものです。しばらく寝かしていましたが、今日ようやく日の目を浴びることになるわけです。

ハンドルは回転させることが出来ます。

ホーン付き

鬼仕様ホーン 

オレンジ色のホーンがハンドルの中央に取り付けられています。しかしこれが曲者で、子どもの力では押せません。妻も難しいといっているくらいなので、ひょっとしたら不良品でしょうか……

こんな音が出ます 

ちなみに押すとこんな音です。屋内だと響きそうなので鳴らさなくてもいいですね。

太陽の里

太陽の里でデビュー 

犬吠埼の近くにある太陽の里でパトカーボートのシェイクダウンが行われることになりました。

こちらは 1 年くらい前の新規オープンの時に来て新幹線のボートを楽しみましたが、震災でいろいろあったのでまだブログでご紹介していません。写真はかなり撮っているので、記憶を頼りにそのうちエントリーを起こしてみたいと思います。

屋内温水プール

室内プールは貸し切り状態 

先ほどまで 1 組のご家族が楽しまれていたのですが、私たちと入れ替わりになる感じでプール遊びを終えられたようなので、完全貸し切り状態です。

また、私たちが出る頃にちょうど他のご家族が来られまして、全く良いタイミングで使う事ができました。

屋外プール

屋外プールは夏場のみ 

室内プールの窓からは銚子の海が見えます。扉から外に出ると小さいながらも屋外プールがあり、絶好のオーシャンビューとなっています。

ここは夏場のみなので今回は入れません。

銚子の海といえば微妙に放射性物質が心配ですが、検査では出ていないという案内が貼ってありました。また、手持ちのガイガーカウンターだとこの辺りは自宅がある千葉市内より 2 割弱高い数値が出ますが、健康には影響がない数値と思います。

太陽の里に関しては、今回と前回の 2 つのエントリーを起こす予定です。

空気バルブの位置

本体の空気バルブは 2 箇所 

背もたれを合わせると 3 箇所です。まず写真右側から空気を入れていきます。

材質はよくある塩化ビニール樹脂です。

ポンプがないと疲れます

足踏み式がないと疲れます 

太陽の里は浮き輪やボートなどは「他のお客さんがいないなら」という条件で使わせて貰えるので空気入れなどは置いていません。足踏み式のポンプを持っていくことをおすすめします。

空気を入れると 80cm × 63cm のサイズになります。今まで使っていた新幹線より一回り大きいくらいでしょうか。

ハンドル

やはりハンドルがしっくりきます 

バランスも取りやすくなりますしね。お義父さまとお義母さまと楽しくプールで遊んでいるところです。妻はまだ化粧だ何だと出てきませんが、このあと一族水入らずが完成し、一族水入らずの中の水である私は離れて撮影担当となります。

楽しい

紐付き 

良くあるオーソドックスな仕様なので、引っぱる紐が付いています。息子も大喜びでしたが、それ以上に引っぱっているお義父様が楽しそうです。

後ろから

後ろ 

しっかりトミカのロゴマークが入っています。背もたれの空気が少ないと妻に後でダメだしされました。

バランス

バランスも良好 

若干前方が浮き気味になりますが、下から足が出ているので不安定ではないようです。ハンドルのおかげでホールド感も良さそうです。

大人がつかまると

浮き輪代わりにも 

一族でジャグジーへ行ってしまったので私はその隙にちょっと使ってみました。さすがに乗ることはできませんが、浮き輪くらいにはなりますね。

息子も満足してくれたようで良かったと思います。

 
 
アフィリエイトリンク
検索
アーカイブ
PAGE TOP ↑