*
   

キャプテンスタッグ ブリージーパラソル & ベーススタンド

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 育児, いっしょにあそぶ, お庭グッズ

楽しい水遊び

楽しい水遊びですが 

天気の良い日はお庭で楽しく水遊びをしていますが、陽射しが強くなってきたので妻に何とかしてほしいと言われました。

家の壁にオーニングをつけることも検討したのですが、オーニングはウッドデッキ拡張とサンルーム設置計画の中に入っているので、今回はパラソルか何かで代用してみたいと思います。

OUTDOOR FACTORY

ユニモで購入 

最初はアマゾンのお急ぎ便で今日中に届けてもらおうと思い、いろいろ吟味した結果 6,000 円程度で一式揃うことが分かりました。

妻に色とか見てもらおうと思ったのですが、息子がお出かけしたいそうなのでとりあえず保留にしておくことに。

「ゆにもいくの」と言うことなのでユニモに行きました。ここは大きなスポーツ店が 2 階に入っているのできっとパラソルもあると思います。

息子は妻と一緒にエスカレーターを行ったり来たりして楽しくしているので、私がとりあえず 1 人で見に行くことにしたのですが、スポーツ店に行く途中にあるこちらのお店で商品が置いてあるのを発見しました。

パラソルとスタンド

こちらを購入 

ベーススタンドは残り 1 つだったのですが、パラソルは 4 〜 5 本ありましたので、商品をチェックして良いものを選びました。

爆安

アラヤダ!Σ(゚Д゚″;) 爆安!

990 円でした……もちろん新品です。

パラソルは二分割

2 分割式 

パラソルは分割式になっています。収納時は径 10cm × 長さ 110cm 程度となり、収納袋も付いています。パイプは表面をアルマイト加工されたアルミニウム製です。

砂浜などでスタンドを使わずに使用する場合はパイプの青いシールの部分まで埋めておきます。

ロック

接続部分 

つないでロックする仕組みです。ネジとか使わないのでお手軽ですね。

こちらもお買い得

こちらは普通のお値段です

普通はパラソルの方が高い気がしますが何なのでしょう。

キャプテンスタッグはパール金属のブランドで、主にアウトドア製品などを手がけていますが自転車とかもあったりします。

また、実物は見ていませんが他にホワイトがあります。

スタンドの裏側

底面 

スタンドを裏返すとポール受けとロックナットが取り付けられています。ロックナットはガッチリはまって微妙に取り外しにくいのですが、無くす心配も少なそうです。

組み立て完了

完成 

スタンドはポリエチレン素材となり、サイズは 460mm × 460mm × 285mm です。空の状態で約 1.3kg ありますが、水が 17.5リットル入るので 19kg 位にはなります。

水で軽い場合は砂を入れましょうと書いてありました。さらに濡れた砂ならアラスカンマラミュートくらいの重さになるかもしれません。ただ、砂を入れたら抜くのが大変そうですね。

重りを入れる穴

キャップははめるだけ 

ネジとか切っていないので簡単に取れてしまいます。知らない間に蚊の大発生源になってたらと思うとゾッとします。

いたずら

いたずら息子登場 

何かの吸盤を穴に押し込んで大喜び。穴より大きいので取るのが大変でしたよ……

見た目は最悪

とりあえず 

布テープで補強しておきました。見た目がアレなんで今度青い布テープを探してきます。

差し込んで終わり

差し込むだけ 

取り付けられるパラソルのポールサイズは 19mm 〜 35mm となっています。

差し込むだけでどこにも引っかからないので、海辺などで大型のパラソルを使う場合は風の強い日は片道の大冒険ができるかもしれません。

空気抜き

風抜き付き 

こちらのパラソルは上部に風抜きが付いているので、多少は風に強くなっています。

開くときに布地が外れてしまうときがあるので、よくほぐしてから開いた方がいいでしょう。

角度を付けることが出来ます

傾き機能付き 

陽射しの方向によってパラソルの傾きを変えることが出来ます。パイプの中程の部品を回転させることにより角度を付けます。

パラソルのサイズは 200cm となっています。

虫よけ

虫よけ 

一応虫よけを付けてみました。

風でくるくる回る仕組みがついている点と、天然ハーブ配合ということでこちらを選びましたが妻によるとあまり効かないそうです。風で流れて虫よけ成分が地面まで届かないためだと思いますが、どうしたもんでしょうかね。

一応背中に貼るタイプの虫よけを使ってはいますが、追加で天然ハーブのゲル状の虫よけを息子の近くに置いておこうかと思っています。

眩しくない

パラソルはポリエステル 100% 

UV カットの素材だと思っていたのですが、どこにも記述が無いので残念ながらその機能は無いようです。妻には UV カットのパラソルだと言っていたので後で怒られますね。

とは言っても、ずっとパラソルの下だけで遊ぶわけではないので、日焼止めなどはいつも使っています。

日影が出来ました

日影完成 

いい感じで日影が作れました。これで思いきりお庭で遊ぶことが出来ますね。

 
 
アフィリエイトリンク
検索
アーカイブ
PAGE TOP ↑