シェルマン グランドコンプリケーション クラシックの電池を交換しよう

2018年12月13日

シェルマン グランドコンプリケーションクラシック

愛用のグランドコンプリケーション 

一時期ムーンフェイズの時計が欲しくなって購入した、シェルマンのグランドコンプリケーションです。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2007/07/04-220500.php"]

自転車通勤を始めてからはあまり着けなくなりましたが、いつの間にか電池が切れていたので交換することにしました。

千葉そごうに

そごうに行ってみよう 

微妙なドメイン名でお馴染みのそごうに到着。今日は私の時計の他にも息子のものを少々購入しに来ました。

ミラド—ジャンクション

ミラドー・ジャンクション 

グランドコンプリケーションを購入したミラドー・ジャンクションです。9 階の趣味の店のフロアにあります。

こちらのショップはシェルマンの正規販売店で、千葉だとここだけになります。※現在は閉店しています。

店内

店内 

非常に落ち着いた趣の店内です。

電池交換はメーカーに送るので手続きをしてもらいます。購入後 4 年ほど経過しているので定期メンテナンスが必要な場合は別途連絡をいただくことに。

後ろの棚にはルーペがズラリとならんでいます。

バンドの交換

ベルトも交換 

電池交換のついでにベルトも交換してもらうことにしました。

メーカー純正にしようと思いましたが、店員さんのすすめでこちらを選びました。MORELLATO というイタリアのメーカーの Bolle (ボーレ)という商品です。カーフ素材のアリゲーター型押しで、色はダークブルーとなります。

純正と色は似ていますが、こちらの方が紺色が強いですね。

先にベルトだけ交換してメーカーに送ってもらうことに。

バンド見本

ベルトいろいろ 

今回購入した MORELLATO のベルトはショップの入り口に展示してあります。

入り口の看板の写真を見て気がついたのですが、こちらのお店は時計がミラド—、ルーペが独逸屋、ミニカーがジャンクションと、それぞれ別の名前が付いています。

ずっとミラド—・ジャンクションだと思っていました。ミニカーはコレクション系のものが主体なのでマニア向けと思います。

ミラド—の公式サイトはこちらです。

修理明細書

2 週間後 

交換終了の電話をいただいたので引き取りに行くことに。メーカーでの作業なので書類もシェルマンのものになります。

修理明細

今回は電池交換のみ 

特にメンテナンスは必要ないとのことでした。この時計はグランドコンプリケーションですが、機械式ではなくシチズンのクォーツなのであまりメンテナンスは気にしなくていいのかもしれません。この時計は将来息子に渡して、いつかはゼニスの機械式を買えるようになりたいものです。

意外と難しそうな各種の設定も終わっているので助かります。

ミニッツリピーター 

2 時 39 分の時のミニッツリピーターです。

2 回( 2 時)+ 2 回( 15 分 × 2 で 30 分)+ 9 回( 9 分)で表します。

BOSE

BOSE もあります 

ミラドー・ジャンクションの隣は BOSE のお店です。看板に「米国式音響具販…」と書いてあって何となくレトロな趣がありますね。

私は BOSE の製品は SoundDock の古いものくらいしか持っていませんが、ここはじっくりと試聴することができるお店の様なので、新たに購入する機会があれば寄って見たいと思います。

人気コンテスト

店長おすすめ商品人気コンテスト 

このフロアで買い物をするとコンテストの応募用紙がもらえます。3,150 円以上のお買い上げとなっており、ちょうどピッタリの金額でした。

多分この中から商品が当たると思うのですが、妻に書いてもらったので詳しいことは分かりません。

ロシアの大統領の絵柄になっているマトリョーシカなどがあり、普段見かけない商品がほとんどです。

また、この他に書店の商品券の応募券もいただいたので応募してきました。

バンドのサイズが

アラヤダ!Σ(゚Д゚″;)サイズが! 

バンドと尾錠のサイズが合っていませんでした。かなりきついです。

まぁ、革バンドは消耗品なので今回はこのまま使っていくことにします。次は純正のメタルバンドという選択もいいかもしれません。