ホテルニュー大新に行ってみよう – 1/2 –

2019年3月26日

ホテルニュー大新

目次

日帰り温泉で利用します 

犬吠埼にあるホテルニュー大新に来ましたよ。今回は宿泊はせずに日帰り入浴で利用しますが、写真が多いので2回に分けて公開します。ホテルニュー大新は目の前が太平洋という絶景のロケーションになっており、1976年営業開始ということで少し古さを感じさせる建物ですが、それが懐かしさを感じる趣の要素にもなっています。

犬吠埼温泉

ぎょうけい館の隣です

同じ看板に2つの施設名が書かれていました。ぎょうけい館は以前に行ったことがありますので、詳しくは当時のエントリーをご覧いただければと思います。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/08-232554.php"]

奥がぎょうけい館
駐車場
銚子ならではのベンチ

入り口周り

ホテルニュー大新の前の道を下っていくとぎょうけい館の前に出ます。ホテルの駐車場は収容台数も多く、今日は空いているようです。入り口の前のベンチはこの辺りには定番の醤油メーカーの名が入ったものになっています。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/11/05-163648.php"]

駐車場の360度ストリートビュー

あまり需要はないかもしれませんが、一応ストリートビューを撮影しておきました。ストリートビューはまだ館内へは繋いでいません。

フロント

フロント

昭和テイストのフロントです。とても静かな雰囲気でした。ホテルニュー大新は3階建ての「松籟館」と7階建ての「潮騒館」の2つの建物で構成されており、入り口やフロントは松籟館にあります。

松籟館ロビーの360度ストリートビュー

松籟館ロビーのストリートビューを撮影してみました。こちらのソファーの他に奥にテーブルと椅子が用意されています。

館内のご案内
ロビー
スロットマシン
自販機
ファミコン互換機
トイレ

headline

text

ロビーの360度ストリートビュー

売店やお食事処が営業していないようなので少し暗い感じですね。

潮騒館へのアクセス

ロビーから入り口方向を見たところ

潮騒館へはロビーを通って行く感じです。フロアマップがないので他に入り口があるのはかは分かりませんでした。

潮騒館
渡り廊下
廊下からフロント方面
レンタル車椅子
レンタル自転車
潮騒館入り口
エレベーター
探検中
宴会場
醤油

ホテルニュー大新の潮騒館

宿泊していないので息子を連れて入り口だけ少し探検してきました。7階建ての潮騒館にはエレベーターが備わっています。3階建ての松籟館にはエレベーターがありませんが、2階と3階が繋がっているような気がします。今後宿泊する機会があれば確認してみようと思います。大浴場は松籟館にあるので、潮騒館から少し移動する必要がありますね。

澪つくし

澪つくし

NHKの朝ドラ「澪つくし」は銚子が舞台ということで、館内にはこういったアイテムが置いてあります。

古い写真
若い

潮騒館に行く廊下に

当時の写真などがいくつか飾られていました。ホテルのロビーで撮影したらしい写真が古すぎてビビりますが1985年放送です。また、出演者の方々の若い姿が残っています。

大浴場入り口

それではお風呂に行ってきます

これからお風呂に入ってきます。その時の様子は次のエントリーでご紹介します。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2019/03/19-110012.php"]

スポンサーリンク