大百池公園へ行こう – 2010 – 秋

2015年1月7日

大百池公園

目次

ちょっとしたお出かけに最適な公園 

大百池公園は自宅からですと、横断歩道を 1 箇所通る以外は全て遊歩道で行くことが出来ます。

息子がまだ歩けなかった時はベビーカーで行ってみたりしましたが、基本砂利道なのでタイヤの大きなバギータイプではないと走行には厳しく、結局車で来ることが多くなりました。

地図は動かせます

おゆみ野エリア最大 

地図の上側に大規模分譲地が分譲中となっていて、下側はミスターマックスとなっています。

お車で来られる際は、しまむらの脇から来るのが簡単で、池の下側に大きな駐車場があります。

盛況

公園と大きな池のレイアウト 

名称通り、大百池という大きな池があります。大百池は泉谷公園から遊歩道脇を流れる川の終点となり、野鳥なども多く見られます。結構大きな池なので、周りをウォーキングするとなかなか快適ですが、平日の昼は微妙に不審者がいるので、多少は気をつけたいところです。

公園は遊具も充実しており、特に滑り台のサイズ違いがたしか 3 基あるので、子どもの年齢にあわせて選べますし、取り合いになることも少ないです。

京成千原線

京成千原線 

ここは京成千原線の「学園前」駅と「おゆみ野」駅間の路線が通っていて、単線ですが比較的本数はあります。

電車が大好きな息子は、車両が通るたびにじっと見ています。

大百池公園は線路の向こうが本体のようで、大百池より広大なエリアになりますが、昔はお城があったためかアップダウンがあるので、小さな子どもが遊ぶにはちょっと早いかと思います。

滑り台

滑り台 

ここの滑り台は金属のみのものではなく、木製の部分も結構あってデザイン的にも特徴のあるものとなっています。

今のところママの支えが必要ですが、かなり一人で登っていくことが出来るようになりました。

お砂場で

砂場でお友達と 

初対面の子ですが一緒にお砂遊びを。自宅からお砂場セットを持ってきましたが、手に持っているのは粉ミルクの計量スプーンですね。

息子はママに似たのか結構社交的のようで、「おともだち」と言って楽しく遊んでいます。

池の畔

大百池 

葦の葉がずいぶん伸びていますが、野鳥の子育てが終わる頃に伐採が入るそうです。奥の葦の葉のさらに向こうも池です。

たのしく走り回っています

水辺を楽しく走っています 

今の季節は外で遊ぶのがとても気持ちいいですね。息子も大喜びで走り回っています。多少滑りやすいですがなかなか上手に走っています。

大きな鯉

大きな鯉がいます 

他にどんな魚がいるのかわかりませんが、ルアーで釣っている人がいるのでブラックバスあたりがいるのでしょうかね。ちなみに釣りは禁止です。

芝生で

芝生広場でボール遊び 

庭だとお隣さんに行ってしまうおそれがあるので、あまりボール遊びはしていませんが、ここなら広くて思いきりボール遊びができます。オーボールを蹴ることが出来るようになりました。

ここの他に春の道公園も芝生がとても広いので、そちらもオススメです。

遊んだ後は

手洗いはしっかりと 

楽しく遊んだ後はしっかりと手を洗いましょう。すぐ脇に公衆トイレと飲み物の自動販売機があります。

バースデイ

裏がおゆみ野ファッションモールなので 

ここにはバースデイがあります。

行きや帰りに子供用のお菓子や飲み物を買ったり、ボールや砂場用のスコップなど、外遊び用のグッズを仕入れていくのも良いかもしれません。

ちなみに道路の向い側はスターバックスがあります。公園に自販機はありますが、ここでコーヒーや軽食を買っていくのもいいですね。

スポンサーリンク