年賀はがき ディズニーキャラクター年賀 インクジェット紙

2018年12月5日

目次

今回もディズニーの年賀はがきを 

気がつくと12月になっておりまして、そろそろ年賀状を作ろうかと思います。今回もディズニーの年賀はがきを購入してきました。

販売期間

販売期間

年賀はがきの販売期間は2018年11月1日から2019年1月11日までです。といっても12月半ばくらいになると入手が難しくなるものもあるので買えるうちに購入しておきました。年賀はがきは郵便局の公式サイトからも送料無料で5枚から購入できます。

行きつけの郵便局

いつもの郵便局

以前は自宅に来る配達員の方から購入していましたが、違う人に代わってしまったのでそれからは職場の近くにある郵便局で買うようになりました。こちらの郵便局の方はものすごい親切な人ばかりで、去年は売り切れてしまったディズニーの年賀はがきを探してもらい、とても助かりました。

インクジェット紙

ディズニーの他にスヌーピーもあるようです

キャラクターの年賀はがきはディズニーの他にスヌーピーがあります。他にもオリンピックのものや絵入りのものがあり、地方版の千葉はチーバくんが描かれています。

和服姿のミッキーとミニーの間に、
干支にちなんで可愛らしいイノシシが登場!
いろいろなところに隠れミッキーがちりばめられた、
年賀葉書限定デザイン。
通信面は無地(インクジェット紙)です。

写真用は通常の柄

インクジェット写真用は通常版のみ

何年か前からインクジェット写真用のディズニー柄はなくなってしまい、インクジェット紙のみになりました。インクジェット写真用は無地バージョンに用意されています。

Loftの売り場

Loftの売り場にて

年賀はがきの特設コーナーが設けられていました。こういったスペシャルデザインの年賀はがきにもお年玉がついているようで、ディズニー柄といえど無地の写真用は需要が減ったのかも知れません。

インクジェット紙の印刷適性

インクジェット紙の各種印刷などとの適性について

パッケージの裏に各種適性が書かれており、このインクジェットは万年筆やシャープペンとの相性が悪いそうですのでコメントを書くときなどはボールペンや筆ペンが良いようです。

また、以下の特徴が書かれていました。

この年賀はがきは、
古紙パルプ配合40%以上の用紙を使用しております。
このため、次の特徴が見られます。

①白さが少し落ちます。
②チリ、黒点がやや目立ちます。

手ぬぐい

てぬぐいをいただきました

年賀状の他にお年玉キットカットを購入しました。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2018/12/05-210621.php"]

例年ですとポケットティッシュがいただけるのですが、今回はこちらのてぬぐいをいただきました。かなり嬉しいです。

おしゃれ

てぬぐいの柄

なかなか良いデザインです。使わずに縁起物として額に入れて1年間飾っておくのも良いかと思いました。

ディズニーアプリ

ディズニーのアプリで動画が閲覧できるようです

年賀はがきの切手部分をアプリのARカメラで読み込めば、動画が閲覧できるようです。来年の元旦からのサービスなので今はどんなものか分からないのですが、このディズニーの年賀はがきを小さなお子さんがいるご家庭に送ると喜ばれそうですね。

スポンサーリンク