龍宮城スパ・ホテル三日月に行ってみよう – 1 – 本館龍宮亭

2019年2月5日

龍宮城スパホテル三日月

目次

久しぶりのホテル三日月 

ずいぶんと久しぶりな気がします。以前行った時と比べると新館の富士見亭ができて、プールも拡張されました。

写真中央の建物が富士見亭で中に入っては居ませんが、I型の龍宮亭と違いL型になっています。その他にペットホテルが併設されたようです。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2010/09/22-090000.php"]

今回も本館の龍宮亭に宿泊してきました。長くなるので3回か4回に分かれる予定です。

大雨の予報でしたが晴れました

天気予報が外れました

天気予報では今日と明日は大荒れの空模様だったのですが、予報が外れて昼過ぎからとても良い天気になりました。

行く前は天気が少し心配で、子供たちの衣類のチョイスに悩みましたが重装備しなくて済みました。

狭い駐車場

狭い駐車場

駐車場は日帰り温泉での利用は5時間まで無料ですが、宿泊でも500円かかります。そしてイオンスタイル鎌取の5階駐車場並の狭さで、スライドドアじゃないと子どもの乗せ降ろしが大変です。

ミニバンサイズの県外ナンバーの車が多かったです。

龍宮亭フロント

昼過ぎの様子です。まだチェックイン時間までかなりの時間がありますが、宿泊客はその前にプールとお風呂が利用できるのでこの時間でも大盛況です。

お荷物預かり処

とりあえず荷物を預けてスパ棟へ

龍宮亭の中に入れるのは15時以降なので、荷物を預けてスパ棟に行くのが基本パターンになると思います。まぁ1時間くらいだったらソファーもありますしトイレも近いのでここで待っていても良いかと思います。ドリンクは飲めないようです。

龍宮亭は宿泊棟です

龍宮亭は宿泊のみ

レストランやお風呂が同じ建物の中にある富士見亭と違い、龍宮亭は客室のみなので食事やお風呂はスパ棟に行く必要があります。

龍宮亭とスパ棟は5階の連絡通路で繋がっていますが、今は中に入れないので玄関から回っていく必要があります。雨の日などは大変ですね。

ちなみに富士見亭からは富士見亭宿泊者専用シャトルバスが出ているらしく、敷地内の移動が楽になっています。もっとも富士見亭はそこだけで完結できるので、シャトルバスに乗って違う建物のお風呂やレストランに行かなくても大丈夫です。

館内着

浴衣もしくは館内着を借りることができます。

見本であった柄とは違う館内着を来ている人がちらほら見受けられ、「まさかMy館内着?」と思いましたが日帰り入浴の人かもしれません。また、デザインは日によって変わるそうです。

館内着は龍宮亭でも借りることができますが、こちらは15時以降の貸し出しとなるので、これからお風呂に行く場合はスパ棟で借りられます。サイズは大人が2サイズで子どもが3サイズのバリエーションです。

営業部長

宣伝部長

館内の数カ所に宣伝部長のディスプレイがあり、お土産のお菓子のパッケージにも登場しています。

宣伝部長考案の宿泊プランなどもあり、公式サイトから1日5組限定で予約を受け付けています。富士見亭にあるアワビ&イセエビプランなどはとても豪華で興味深いです。

馬

馬(1頭目)

ホテル三日月といえばよく分からない彫像でお馴染みですが、さらに数が増えた気がします。この馬は同じもの(多分)が何頭かいます。

スパ棟へ

スパ棟へ

歩いてスパ棟へ。今日は天気が良いので助かりましたが、歩くのが嫌な場合は車をこっち側の駐車場に入れ直すという手もあります。

3世代亀

誰得の亀

ひょっとして息子が喜ぶかな?と思いましたが完全にスルーしていました。皆さんの宿泊料が亀の像になるという微妙なお話。

ベビーカー置き場

ベビーカー置き場

スパ棟は絨毯敷きで靴を履かないエリアなので、ベビーカーは入り口の置き場に置いておきます。うちのベビーカーはここには置かずに車にしまってきました。

タイヤにカバーも着けず、折りたたまずにフロア内の絨毯の上でベビーカーを押している女性を見たときは目を疑いました。

新手のスタンド

新手のスタンドの攻撃か!

靴箱にこんなスタンドがいました。このスタンドに攻撃されると馬の彫像を買わずにはいられなくなるという……

こんな微妙な高さの像は、子どもが乗って遊んで怪我をするので早く本体を見つけてやっつけないといけません。

スパ棟1階

スパ棟フロント(馬2頭目を確認)

提灯がたくさん並んでいて、提灯マニアの下の子が大喜び。写真中央奥がフロントで、右側が館内着の貸し出しです。さらに右に進むとお祭りランドに繋がります。

お洒落照明

お風呂上がりにまた龍宮亭に

15時を回ったので5階の連絡通路を通って龍宮亭の客室に行けますが、靴箱に入れた靴はこの時持っていかないと、客室に入るまで龍宮亭で履く靴がないので持っていきましょう。

龍宮亭の5階から1階のフロントに行ってチェックイン手続きをしますが、預けた荷物は自分で運ぶ必要があります。

今回は8階に宿泊

I型の建物なので、クランク1か所を除けばほぼ一直線です。周りに建物がないので陸側の見晴らしも良いと思います。荷物を載せた台車は下まで降ろさずに通路にある代車置き場に戻せばOKです。

無料Wi-Fi

無料Wi-Fiあります

接続がやや不安定な印象がありますが、速度もそれなりに出ています。ゲーム機などのオンラインプレイは厳しいようで、息子は諦めていました。

客室の360度

オーシャンビューで明るくて開放的な客室です。

※連結の矢印がおかしな方を向いていますが無視してください。ストリートビューの不具合は直してもキリがないのでもう放置しています。

この正面にある棚の出っ張りが小さい子どもには超危険で息子もズギャンとうやってしまったので、バッグや座布団などでカバーすることをお勧めします。

洗面化粧台とユニットバス

せっかくの温泉なのでスパ棟に行くことが多いと思いますが、客室のお風呂もしっかりとしていて良いと思います。スーパーヒアルロン酸の乳液などがサンプルで置いてありますが、気に入ったら売店で買えるようです。

洗面室の向かいに洋室がありますが、撮影したつもりがデータがありませんでした。

次回はお風呂の話になると思います。

スポンサーリンク