東京ドイツ村にいってみよう – 4/5 – 観覧車に乗ろう

2018年11月28日

観覧車

目次

晴れた日には富士山や東京湾も 

海抜 75m に位置する直径 40m の観覧車です。1 周約 9 分で晴れた日には富士山や東京湾も眺めることができます。

観覧車もマザー牧場では乗ることができなかったので、お芋掘りに引き続きリベンジです。

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-130000.php"]

ドイツカラー

黒・赤・黄のドイツカラーのゴンドラ

最初は気がつかなくて地味だと思っていましたが、よくみるとドイツカラーでした。

この観覧車はファミリーに大人気だそうです。さっそく乗ってみることにしました。

300円

1 人 300 円です。

観覧車のそばに券売機がありまして、300 円となります。 4 歳未満は無料ですが、かならず保護者との同乗が必要になります。

今日は空いているようで、待たずに乗ることができました。

ラジコンのサーキット

マルクトプラッツ方向

まだ高度が低いですが、マルクトプラッツ方向を見てみました。ラジコンのサーキットが一望できますね。

写真左上の斜面には水仙と書いてありますが、この後ろは水仙街道と呼ばれる遊歩道になっていて、冬から春先にかけて菜の花や水仙が見頃になるそうです。

水仙街道をすすんでいくと、里山街道と呼ばれる遊歩道に変わります。ここは 3 万本のアジサイが植えられていて、昆虫採集も楽しめるそうです。

高いところが好き

高いところが結構好きかも

妻に支えられて外の景色を楽しむ息子。身を乗り出すように見ています。

私もそっちに行こうとしたら、「揺れるから動かないで」と妻は高いところが苦手なようです。いいことを発見しました。


パターゴルフ

パターゴルフも一望できます。

写真をクリックするとパノラマ画像を表示します

頂点を過ぎて反対側に移ります。パターゴルフ場やお芋掘りの畑も一望できて、なかなかの眺めです。

アンパンマン

アンパンマンを発見

トーマスに引き続きアンパンマンの乗り物を発見。しばらく堪能していました。

下のエントリーに続きます

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-150000.php"]

スポンサーリンク