東京ドイツ村にいってみよう – 1/5

2018年11月28日

入り口の看板

目次

初めての東京ドイツ村 

東京ドイツ村は自宅から車で 1 時間弱で行けるのですが、今まで行ったことはありませんでした。

仕事で写真素材として何回か使ったり、友人に話を聞いた程度で目ぼしい物はあまりなく、広い敷地があるくらいというイメージを持っていました。

しかし、先日いただいたチケットを見てみると、施設全体を車でまわることができるので、実は幼児連れ向きでなにかと便利かと思い行ってみることにしました。

長くなるので5回に分けています

ペット禁止

ペット不可ですご注意を

※ 2010 年 3 月 6 日より、「わんちゃんランド」という犬 OK の有料エリアが出来ました。それ以外のエリアは今までと同様にペット禁止です。

広い芝生のエリアがたくさんあるので、思わずペットを連れて行きたくなる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、東京ドイツ村はペット禁止です。また、二輪車は園内を走ることができませんので、駐輪場へ駐めておく必要があります。

小さい子供を持つ親としては、ノーリードで放された犬がいないのは安心です。 ほとんどの犬は賢いと思いますが、たまに危険なのがいますからね。

過去に犬の散歩中にノーリードの飼い犬に数回襲われていますが、うちの犬がすべて撃退しています。その時の相手の飼い主の対応が毎回かなり理不尽だったので、そういった人が来ない点もとても有り難いです。 確かにハスキーは悪役顔ですが、ちゃんと手加減してますし、私噛まれてるんですけど……

ゲート

入り口はゲート式

東京ドイツ村は入場から退場まで車に乗ったままで大丈夫です。

入園料は大人 1,200 円でアトラクションなどは別途かかります。 

いただいたチケットでは別途駐車料金として 1,000 円かかりましたが、一般の場合は含まれているようです。

アトラクションの回数券や年間パスポートの設定もありました。 

ガイド冊子など

パンフレット一式

入り口の看板にもありましたが、東京ドイツ村は BUTA-TEN と呼ばれる天使とブタのハーフというきわどい生き物がキャラクターのようです。 最初豚天って天ぷらかと思いました。

イベントなども盛んに行われているようです。 

右回り

好きなところに駐めちゃってください

東京ドイツ村は時計回りの周回コースとなっていて、道路の両端が駐車場になっています。

このため好きなところに車を止めて遊びに行くことができ、子連れにはかなり楽ですね。 

遊歩道

一番最初はボート池をまわる遊歩道

入場してから最初に見えてくるのがこちらのボート池です。まわりが遊歩道になっていて、ちょうどいい散歩コースとなっています。

かも池

ボート池はこんな感じです。

白鳥のボートがたくさんあり、けっこう賑わっていました。今日はマザー牧場の時と違って暖かくおだやかな天気なので、こういう乗り物も楽しそうですね。

写真には写っていないのですが、係のおじさんの後をたくさんのカルガモがついて行ってました。 

かも

よく人に慣れています

餌の自動販売機があるので、よく人に慣れています。マザー牧場のあいつのように凶暴な個体はおらず、のんきに寝ていたりもします。

ドイツのばらコーナー

隣はドイツのばらコーナーのローズガーデン

すぐ隣にドイツの薔薇のエリアがありまして、たくさんの薔薇が植えてありました。 80 種類もの薔薇があるそうです。

この辺はドイツの音楽が流れているので、雰囲気が出ますね。 

バラ園

ローズガーデン

奥まで歩いて入ることができます。小屋みたいなところにはベンチがあって無数の薔薇に囲まれた空間を楽しむことができるみたいです。 

トンボ  

トンボ発見

トンボを発見しました。息子が興味深そうに見ています。

「昆虫は宇宙からやってきた人類の敵なので触るな危険」というスタンスの私と違って、妻は昆虫手づかみ人間なので息子のために捕まえようとしていましたが、逃げられてしまったようです。 

カール君のお庭

道路の反対側はフラワーガーデン

道路を渡るとかなり広いフラワーガーデンというエリアに出ます。 西洋芝がとてもキレイに手入れされていて、自宅の庭が荒れている私にはちょっと胸が痛いです。

お庭全体

四季折々の花が咲くそうです。

なんとものどかな雰囲気で、空と芝生が鮮やかです。ベンチがいくつか設置されていて、奥の方には鐘を鳴らすところもあります。その気になればガーデンウェディングも出来そうなところですね。 春はポピーが咲き、大変きれいだそうです。

カール君

カールくん

ここにはカールくんという、庭師のブタがいます。カールくんは BUTA-TEN ではないようですが、鼻の穴からジョウロのように水を出し、どんなに枯れた花でも復活させることができるらしいです。

座っている台座には「カールくんのお庭」とかいてあったので、このフラワーガーデンはカールくん所有なんですかね。 

フラワースポット

温室ではバラなどの販売も

写真をクリックするとパノラマ画像を表示します

カールくんのいる場所から奥に行くと、温室やお土産物屋さんの「ザ・マーケット」などがあります。

また、「ピザ&カフェテリア」という食事の出来る場所もありました。園内放送でプララおばさんというキャラクターの食べ物の案内をしていて、最初は「暗黒ワッサン」って何?と思っていたら「あんこクロワッサン」でした。

トーマス

トーマスの乗り物を発見

温室脇のエリアにトーマスの乗り物を発見。息子が妻に支えられ大喜びで乗っています。 

ピーナッツアイス

ピーナッツアイス

お土産物屋さんで一通り購入し、ついでにピーナッツアイスというものを購入しました。250 円です。

たしかにピーナッツそのもののアイスでした。好きな人にはたまりません。 

サルビア

サルビアが大変きれいです

いったん車に戻って奥へ進むと、ワイルドフラワーと呼ばれるエリアに出ます。こちらは季節によって花が違うそうですが、今はサルビアが満開でした。

中に入れますので、高台まで上がって景色を楽しむこともできます。 

わんぱく広場

わんぱく広場

一瞬 CG かと思ったんですが、たくさん遊具があります。砂場などもあるので小さい子供でも楽しめそうです。

入ってはいませんが、近くに授乳室があります。 

パターゴルフ

関東一の規模をほこるパターゴルフ

全 6 コース 108 ホールという、天然芝のパターゴルフ場があります。1 コース 1,000 円の別料金でしたが、けっこう繁盛している感じです。

息子が大きくなったら家族でやってみたいですね。

続きは以下のエントリーになります

[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-110000.php"]
[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-130000.php"]
[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-140000.php"]
[blogcard url="http://ceruberus.graybalance.com/archives/2009/10/31-150000.php"]

スポンサーリンク