*
   

ポカリスエットプールに行ってみよう – アパホテル&リゾート東京ベイ幕張

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 いっしょにおでかけ, イベント・旅行記 ,

ポカリスエットプール

息子の夏休みの終わりにホテルのプールに行ってきました 

午後から休みをもらい、幕張にあるポカリスエットのプールに行ってきました。息子の小学校は9月からではなく8月末から始めるので、夏休み最後のお出かけになりました。

東京ベイ幕張

アパホテル内にあります

こちらのプールはアパホテルの東京ベイ幕張(旧幕張プリンス)にあります。アパホテルは社長のおばちゃんのイメージが強いですが、アパホテル&リゾートという冠がついているだけあってこの辺りは他のアパホテルよりリゾート色が強めかと思われます。

ポカリスエットプール案内

営業期間は7月1日から9月4日まで

2016年は7月から9月頭までが営業期間です。ホテルに宿泊しなくても利用できますが、平日で3,400円・土日祝日で4,400円(3〜12歳までは半額)と結構なお値段となります。

上から見たところ

上から見たところ

今回は宿泊したので客室の窓から撮りました。
ズームしているので高さがあまり感じられませんが16階といえど実際はかなり高いです。

ポカリスエットでプールが満たされているわけではなく、ポカリスエットのロゴが底に描かれています。

チケット

チケット

今回はプール付きの宿泊プランを妻が手配してくれたので、チケットにもその旨が記載されています。宿泊プランでも大浴場と違い1回切りの使用となります。宿泊者向けの当日券は半額の1,700円ですが、プランに組み込むとさらにお安い1,000円になります。
ただし、今回はトリプルで宿泊しているためか小学生の息子も1,000円となりました。

アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>の宿泊プラン

1階

プールは1階にあります

息子がとても楽しみにしているので、チェックイン後に荷物を置いてすぐプールに行くことに。

こちらはセントラルタワーのものです。
1階のプールには2階から受付のあるウエストウイングに回って行くこともできますが、とりあえず1階のロビーから行ってみます。
見てはいないのですがテニスコートもあるようですね。

46階にチャペルがありますが、確か結婚式場探しの時に来たことがある気がします。
10年以上前の事なのでほとんど覚えていませんが。

こちらから

ウエストウイングに

写真の反対側がフロントです。幕張のアパホテルには怪しげな三角形のセントラルタワーの脇にウエストウイングという建物が2014年にできました。

プールへはカフェの脇の通路を通ってウエストウイングから行きます。写真右側には三井住友のATMがあり、写真右手にはエスカレーターがあります。

建築中

イーストウイングは2016年10月12日オープン

ウエストウイングの反対側にイーストウイングが建設中です。
客室数が500あり、東京オリンピックに向けた万全の拡張です。

ローソン

1階のローソン

ウエストウイングの1階にローソンがあります。外観の色使いは違うものの、店内は普通のローソンでATMも設置されています。

2階にもローソンがあり、宿泊した場合などはそちらも便利です。

ポカリスエット

ポカリスエット棚

店内にポカリスエットの棚があります。冷えていないので冷蔵庫のものを買いましょう。

受付

プール受付

建物の奥に受付があります。このエリアはレストランもあり、朝食のバイキングなどはかなり盛況のようでした。

大浴場

ウエストウイング1階大浴場「飛翔の湯」

プール受付の真向かいに宿泊者は無料で入れる大浴場の入り口があります。プールで泳いだ後はそのままお風呂に入りたい気分ですが、こちらは5:00~14:00、19:00~26:00の営業期間なので清掃中となっています。

14:00~26:00はセントラルタワー4階にある「玄要の湯」が利用できます。

ロッカー

ロッカー

100円を入れるタイプですが後で返ってきます。

サンダル

サンダルを履いてプールへ

プールサイドは土足禁止で貸し出し用のサンダルが更衣室出口に用意されています。数がそんなにないので私は裸足で過ごしましたが、外のトイレを使うのであればサンダルは履いていた方が良いと思います。

きまり

プールご利用のお願い

一応飲食物の持ち込みはNGですが、暑い日は飲み物を持っていった方が良いと思います。コンビニで飲み物を買って持ち込みましたが、特に何も言われませんでした。

プールへ

入り口

正面にある建物が今年10月にオープンするイーストウイングです。写真左手に子ども用のプールがありますが、今回は行っていません。

緑色のタオルは受付で貸してもらえ、プール手前右側にシャワーが二基設置されています。

トイレ

トイレ

プールサイドにはトイレがありますが、階段がヌルヌルして微妙なのでサンダル必須です。

時計

何だかんだとこんな時間

ホテルのチェックインが14時なのでこんな時間になってしまいました。ちなみに営業時間は平日10:00~17:00 / 土日祝9:30~17:30となります。

ポカリスエット

ポカリスエットがもらえます

受付で人数分のポカリスエットがもらえます。全員もらえるとは知らなかったのでコンビニで何本か買っていきました。

椅子(無料)

プールサイドの椅子

プールサイドに椅子が設置されていて自由に使うことが出来ます。そんなに多くはありませんが、今日は平日ということもあり余裕です。

椅子(有料)

デッキチェア(有料)

こちらのデッキチェアは有料です。見た感じ使っている人はいませんでした。

空気入れ

空気入れあります

大きなボートなどはありませんでしたが、浮き輪やビーチボールは多くの人が持ち込んでいます。空気入れが用意されていてスタッフの方が空気の出し入れをしてくれます。

プール全景

プール

プールは台形で思ったより広いです。平日なのでかなり空いていてゆったりと過ごせました。

セントラルタワー

プールからホテルを

雲ひとつ無い良いお天気となりました。

プールからセントラルタワーを見上げるとこんな感じで、写真中央のカーテンの開いている部屋のどちらかが宿泊する客室です。

水深1.0m

水深

深さは一定のプールで水深は1.0mです。

そんなに深くありませんが、監視員などはいないプールなので小さいお子さんを一人にするのはやめましょう。

水中

水中

今日は小学生の男の子が多くいたようです。ポカリスエットのロゴは水中ではこのように見えます。

Aの部分

Aの部分

フツーの白い塗装でした。

滝

滝っぽいところ

上から水が流れ出てきます。水量はけっこうあるので下で遊ぶと楽しいです。

コケ

滑るので注意

滝の所は上に上がることができますが、コケが生えていて超滑ります。一日でここまでコケは生えないと思うので、普段の掃除が行き届いていないのはレクリエーション施設としては大きくマイナスです。

バタ足の練習

楽しく泳いでいます

息子はスイミングに2年以上通っているので一応泳げますが、バタ足のさらなる高速化に余念がありません。このプールはかなりフリーダムでプールサイドから飛び込んだり大暴れするキッズ達が野放しになっているので隅っこで練習しました。

シャワールーム

更衣室内のシャワールーム

ユニットタイプのシャワールームがあります。一室だけですが今日は空いているので待つことも待たせることもなく使う事が出来ました。

夜のライティング

ライトアップ

夜間はこのようにライトアップされます。

プールだけの利用はちょっと高いと思いますが、宿泊の場合は手頃な価格で利用できるのでオープン期間中に宿泊されるかたはプール付きにすると楽しい(特にお子さん)と思います。

 
 
アフィリエイトリンク
たまひよSHOP
ファンケルオンライン
検索
アーカイブ
PAGE TOP ↑