*
   

ムーンスター スーパースター バネのチカラ WPJ38SP グリーン

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 育児, お買い物, 子供服・シューズ

WPJ38SP

スーパースターの防水シューズ 

息子用にスーパースターの靴を購入しました。こちらは雨や雪に強いシューズで、普通のシューズには無い機能が搭載されています。

また、防水ということで他のスーパースターのシューズとはデザイン的にずいぶん印象が違います。

WPJ38SP パッケージ

サイズ 

楽天で購入したので試し履きはしていないのですが、スーパースターのバネノチカラを普段履いているのでサイズはだいたい検討が付きます。

今回は普段履いているサイズと同じ 20cm を購入しました。このカラーは公式サイトには載っていないのでモデルが古いのかもしれませんが、タイムセールでとてもお安く購入することが出来ました。

WPJ38SP 外側

シューズ外側 

側面にスーパースターの S がレイアウトされたデザインで、緑と黒の配色とツヤの感じから仮面ライダー W のサイクロンジョーカーっぽく見えたりします。

WPJ38SP 内側

内側 

デザインはこのように。合皮のテカテカ感が良いですね。

ソールパターン

ソール 

ソールはグリーンを基調として各所に色の違うパーツが配置されています。この辺りの仕様は後述いたします。

ゴム&マジックテープ

マジックテープとゴム 

このシューズはマジックテープ留めのベルトとゴムで保持します。

つま先側

つま先 

つま先の形状は丸みを帯びた感じになっています。

かかと側

かかと側 

かかと側はツヤのあるブラックがメインで、写真からもソールが肉厚になっているのが分かります。

中敷き

中敷きを出したところ 

黒い中敷きです。幅は EE となっていて、フィッティングは普通のスーパースターと同じようなサイズです。

パワーバネのロゴ

POWER BA・NE 

かかとの外側に POWER BA・NE のロゴがあり、その上に 360 と表記されています。 このシューズはパワーバネを搭載しているのです。

バネノチカラ

バネのチカラ 

バネのチカラの中でもパワーバネ 360 が搭載されており、どの方向でもバネが効くようになっています。商品のタグには以下のように記載されていました。

パワーバネ サンロクマル
多方向への蹴り出しにオールマイティに対応したパワーバネ

パワーバネ 360 では、屈曲部の溝を新たに増やしたことで、あらゆる方向へのフレキシブルな蹴り出しをパワーバネがサポートする。

360パワーバネ

パワーバネ 360 

黄色い部分がバネになります。以前履いていたバネのチカラのシューズと違い、円を描くようにバネが配置されています。

防水設計

防水設計 

このシューズの大きな特徴である防水機能のご紹介です。雪寒地対応モデルとありますが、特に発熱・保温の機能などは無いので冬以外にも履けます。

4cmの深さまで耐えます

4cm・4 時間 

地面から 4cm の水深で 4 時間の防水能力を持ちます。買ったばかりなので水に漬けるのはやめておきましたが、4cm って結構深いです。

雨上がりの日などは幼稚園の外遊びでシューズをドロドロにして帰ってくることも多々ありますが、このシューズなら靴下の被害が少なく済みそうです。

スノーガード

雪や水の侵入を防ぎます 

ベロの脇に縫い付けられたスノーガードと呼ばれる仕組みで靴紐あたりからの水や雪の侵入を防ぐ機能が備わっています。

スパイク底

スパイク底 

雪寒地対応モデルということで、ソールに滑り止めのスパイクが埋め込まれています。

スパイク底収納状態

スパイク底収納 

金属製のスパイクはかかと部分に取り付けられており、普段はこのように内側に折りたたまれています。

スパイク底展開状態

スパイク底使用時 

スパイクを回転させるとこのようにツメが露出します。先月の大雪には間に合いませんでしたが、公園や幼稚園の裏庭など滑りやすい土の斜面などでも活躍するのではないでしょうか。

スパイクの動作 

スパイクのツメはワンタッチで出し入れできます。普通に歩いていて飛び出すことも無さそうで、子供でも扱いやすいと思います。

重さ

ちょっと重い 

機能満載なので片足で 290g あります。ちょっと重いですが防水機能とバーターですね。

履いたところ

履いてみました 

さっそく履いてもらいました。かかと周りが少し硬いようですが、そんなに重さを感じること履けるようです。

雪のシーズンは終わってしまいましたが、雨の多い梅雨のシーズンなどにも活躍してくれることでしょう。

 
 
アフィリエイトリンク
たまひよSHOP
検索
アーカイブ
PAGE TOP ↑