*
   

バロネス Scotts スコッツ ハンディースプレッダー

公開日: : 最終更新日:2016/05/31 お買い物, 雪対策, お庭 ,

ハンディスプレッダー

芝生の肥料や種をムラ無く撒けるスプレッダー 

手で撒くとムラになりがちな肥料や種蒔きですが、このスプレッダーを使うと均等に撒けるらしいです。

以外と良い値段がするので購入を迷っていたのですが、寒地型の芝の種蒔きを考えていたので購入しました。

ホッパー

シンプルな仕組み 

上から肥料や種を入れてハンドルをクルクル回します。電源は不要で完全手動のスプレッダーになり、仕組みはいたってシンプルです。

容量は 2L で 100 坪以下の芝生用だそうです。

ラベル

スコッツ社製品 

私は知らなかったのですが、スコッツ社はアメリカの世界的に有名な園芸用品メーカーらしいです。このスプレッダーも何種類かバリエーションがあるようですが、日本だとハンディ型はこのタイプだけになるようです。

ハンディ以外にもドロップ式があり、そちらは広い場所や目砂とかに使います。

横から

横から 

グリーンのボディは特徴的な形をしていて、肥料や種は画像右側に向かって散布されます。側面のオレンジのパーツがハンドルです。

サイズ

サイズ 

本体は 40cm ほどあり結構長いです。重さは 700g あります。

トリガーとハンドル

グリップ部 

左手で握るグリップにはトリガーと調整用のスライドスイッチがついています。

持ち方

持ち方 

この様に本体に腕を通してグリップ部を握ります。本体が長い理由がコレですが、腕で支えることが出来るので肥料や種をたくさん入れても持ちやすくなっています。

ゲート

動作 

ハンドルを回すと中央のパーツが回転し、トリガーを引くとゲートが開きます。

調節

5 段階調節 

ゲートの開き幅は 5 段階に調節が可能で、ゲートの開き具合を散布量や粒の細かさによって変えることが出来ます。

ハンドル

ハンドル 

ハンドルは小ぶりなもので、指で掴んで回します。

ローター

ローター 

ゲートを通った種や肥料は回転するローターの力で撒かれます。散布範囲の距離はハンドルの回転数で決まり、最大 3m の距離に撒くことが出来ます。

造りが甘い

雑 

結構造りが雑です。国内のホームセンターがオリジナルブランドで作った方が、しっかりしていて価格も半額以下になりそうです。

融雪剤

融雪剤を撒いてみることに 

今回は肥料や種ではなく融雪剤を撒くことになりました。このスプレッダーは肥料や種の他に、融雪剤なども撒くことが出来ると紹介されています。

融雪剤の場合は粒のサイズが製品によって違いますが、スプレッダーのゲートは最大で撒くように指定されています。

動画でご紹介 

細かい動作や実際に使っている様子を動画でご紹介します。芝生の種は次シーズンに延期したので、春頃に肥料撒きに活躍する予定です。

 
 
アフィリエイトリンク
たまひよSHOP
デル株式会社
検索
アーカイブ
PAGE TOP ↑